加熱調理の方法

ペットの食事を加熱調理するにはどのような方法があるのでしょうか。
これらは人間の食事と同じ様に、オーブンやフライパンで焼いたり、煮たりといった方法があります。
一部の食品の中には、加熱をすることによってまたは加熱しすぎることによって栄養素が減少することもあると言われています。そのため、過熱のし過ぎには注意しましょう。

特に一部のアミノ酸(リジンやメチオ二ン)とビタミンに注意が必要だと言われています。加熱のし過ぎは、チアミン欠乏を招く可能性があることが知られています。
また、食品を沸騰させるとことによって、シリアルや野菜、肉などあらゆる食品に含まれるビタミンの40%~60%ほどが破壊されてしまうことも知られています。沸騰させなかったとしても、フライパンやオープンで焼く場合は約20%のビタミンが破壊されてしまいます。

焦げた脂肪や油は発がん性のある物質を生成してしまう可能性があることが議論されています。人間の食事であっても、バーベキューの後などに見られる、焦げたり黒くなったりした残り物を避けなければならないというような話は聞いたことがあるのではないでしょうか。
これらはペットでも同様です。これには対策方法があります。それはオリーブオイルを使うことです。オリーブオイルはその他の一般に利用される油と比較して、熱に寄る劣化が少ないとされています。そのため、加熱調理にはオリーブ油だけを使う良いと思います。食事のバランスをとるために加える油はタイミングが重要です。加熱調理が終わって料理が冷めてから加えるようにすると良いと思います。

生肉を与えたいけれど食中毒の原因となる細菌汚染を避けたいと思う場合にはステーキに見られるように、表面だけを焼く方法があります。温めたフライパンの上で表面に焦げ目をつけて急速に裏返しましょう。または沸騰したお湯に30秒以上漬けるようにしましょう。肉を扱った後は必す手を洗い、同じまな板や調理用具を他の食品に使う場合は必ず十分な消毒を行うようにしましょう。これは飼い主の方の食中毒を避けるために必要なことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です