加熱調理した食事と生の食事

たいていのペットは、餌に入っている新鮮な生肉などの食品から栄養を得ています。
自然療法の観点から考えるならば、生の食品で構成された食事は、特にペットの癌や自己免性痘疾患と呼ばれる重篤な疾患にかかっている場合に有用であると考えられるでしょう。これらの疾患を抱えているペットに限って言えば、生の食品が持つ特性は非常に有効です。特に抗酸化物質と植物化学物質という2つの物質に非常に効果があると考えられています。

しかし、主治医からペットに免疫抑制剤を処方されているようなときには注意が必要です。
これは、生肉による感染リスクが増す可能性があると考えられているためです。生肉と細かくすりつぶした野菜は、ほとんどのペットに適しています。
しかし、先の疾患に代表されるような重篤な病気を抱えているペットや、高齢のペットには生の食物を許容できす、嘔吐したり軟便となってしまったりする場合が多いようです。このように、生の食物は理想的であるものの、ペットの状態によっては問題となる場合もあるので十分に配慮する必要があるといえるでしょう。

加熱調理には生肉にはないメリットがいくつかあります。特に、加熱調理によってシリアルやほとんどの野菜はペットにとって消化しやすい食事になることでしょう。他にも、加熱調理は食中毒の原因となりうる大腸菌やサルモネラ菌などの問題のある細菌を破壊することができます。更に、カビや稀に含まれる寄生虫やその卵などを殺すことが出来るでしょう。
ペットにとって問題となることもある生の食物に含まれるある種の毒素を抑えることも出来るようになるようです。加熱調理は食物の細胞壁を柔らかくすることが出来るので、消化に問題のあるペットにとっては、肉や卵、シリアル、穀物、根菜などあらゆる餌を消化しやすくなることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です