犬にとってのミネラル

ミネラルは、動物にとって欠かすことのできない栄養素の一つです。
とてもよく聞く言葉ですが、あまり実質のところを知っている人はすくないと思います。

ミネラルは、身体に必須の五大栄養素(ビタミン、炭水化物、タンパク質、脂質、ミネラル)の中の一つです。
カルシウムやナトリウム、鉄などが含まれています。これらは「鉱物」にあたり、無機物ということになります。

必須の量はそこまで多量ではないのですが、カルシウムなど、身体の重要な構成要素であったり、代謝行為に欠かせない重要な存在であったり、軽視することは決してできません。
犬の必要なミネラルとしては、「カルシウム」「マグネシウム」「リン」「カリウム」「ナトリウム」「鉄」「亜鉛」「銅」「マンガン」「セレン」「ヨウ素」「ホウ素」「クロム」が挙げられます。

主要な効能を説明しますと、カルシウムは骨の発育に不可欠です。
リンは骨や歯の生成に関わります。
カリウムは神経伝達に関与します。神経物質の伝達や心機能においても活躍するものです。
マグネシウムは体内で行われる代謝のうちの、100以上のものに関与する栄養素です。
鉄は、体内における酸素の伝達・運搬に関与します。全身に酸素を行き渡らせるために必要ですので、活発な活動のためには不可欠です。
銅は代謝のサポートの他、メラニン合成にも必要であり、また鉄分の吸収の手助けにも要請されます。
マンガンは酵素の働きを補助する役目。
セレンはビタミンEと協力して抗酸化作用を発揮します。細胞膜の保護や細胞の損傷の抑制を行います。
ヨウ素は甲状腺ホルモン合成に不可欠です。

これらはミネラルが持つ機能のうちの、ほんの一部です。
逆に、こんな多くの機能が不全になってしまったら、非常に重大な疾病や不具合を招いてしまうのは明らかです。

ミネラルをまとめて摂取できるサプリメントは多く販売されていますので、一度チェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です