骨を与えるべきかどうか

犬に骨を推奨するかどうかについては、現在においても獣医師によって考え方が別れているようです。
骨のデメリットは、歯の破損や過度の磨耗を始めとし、腸閉塞や便秘、などの内臓への影響もあることが知られているからです。しかし、生の骨を与えることはペットには主に2つのメリットがあります。

まず、ペットを骨に集中させておくことができます。ペットが楽しんでいられることは悪いことではないでしょう。
骨によって行動強化をしたり、ペットにとって1日の中で楽しい時間を作ったりすることができるでしょう。
次に、骨は顎や歯周靭帯の運動を促進することができるので、奥林肉を清潔に保つことができるとされています。
特に牛の尾の骨は、犬の歯の健康により役立つことが各所で語られています。牛の尾に限らず他の種類の骨も同様に有用でしょう。
軽度の歯肉疾患はペットの健康に深刻な影響をおよぼすことがあるため、歯の健康はとても大切です。

しかし、消化器に問題を抱えていたり、特に便秘だったりするペットの場合には、骨を与えることはあまり良くないかもしれません。
また、十分に歯が成長しきっていない子犬や子猫の場合では、ちょっとしたことで乳歯が折れてしまうなど、過剰な岨鴎が永久歯の成長悪い影響を当たる可能性もあると思います。そのため、十分な注意が必要でしょう。そういった子犬には、大きな骨よりも生のチキンウインク(鶏手羽肉)や、軟らかいラムリブ(子羊の肋骨)を与えてみるとよいかと思います。あなたのペットに最も適した骨または代替昂につ
いて獣医師に相談しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です