蛋白質

蛋白質は、被毛をはじめとした身体組織の修復と維持のために常に必要とされ
ています。成長や妊娠、捜乳の期間中には必要量が増します。また、傷口の治癒の
ように損傷を受けた組織の修復のためにも必要量が増します。ペットが最も蛋白 質を必要とするのは、被毛の維持のためで、これには日々の蛋白質摂取の30%に もよる量が使われることがあります。
猫の蛋白質必要量は、特に多くなっています。必要とする食事中の蛋白質量は 人聞や犬の2~3倍です。 食事をしなくなった猫や植物性蛋白質(B:腐の大豆蛋白 など)の多い食事を与えられた猫、人間用のベビーフードを長期間与えられた猫に蛋白質不足が起こることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です